つま先剥がれを起こしやすい人に鍼治療が適している理由

気がつくと靴のつま先に傷が入っていることのある人や、つま先が剥がれていることがあるという経験はありますか?そんな靴のつま先にダメージがある場合には、無意識のうちに地面をつま先で蹴ってしまっている人が多いです。

そういう言われて、「じゃあ足を上げることを意識して歩かなくちゃ」と思う方もいらっしゃると思いますが、実際はそんな簡単な問題ではありません。

歩くという行動は基本的に無意識です。足が地面から離れて前に出し、かかとを接地して体重を移動させるという一連の流れを、意識しながら行っている人は居ないはずです。もしも歩くことを意識しながら行ったとしても、30秒から1分もしたら、違うことに意識は移り、つま先がきちんと上がっているかどうかということを考えることなど忘れてしまうことでしょう。そして、次の信号待ちで思い出す。たいていそんな風になるものです。

つまり、無意識の歩行の中で、つま先が地面を蹴ってしまうことには理由が必ずあるはずで、その理由を改善しない限り、つま先をが地面を蹴るということがなくならないのです。

では、つま先が地面を蹴ってしまう理由としては、どんなことが考えられるでしょう。

股関節が硬くて可動性の低い人や、膝裏に問題のある人、膝を上げるための大腿の筋肉が弱っていることなどがありえますが、少数派です。

最も多い理由としては、歩行の中で、足首を曲げてつま先を上に上げる筋肉である、前脛骨筋、長指伸筋、長母指伸筋の働きが弱っていることが考えられます。そして、筋の働きが弱っているという状況には、「筋力が弱っている」場合と、「実際には十分働いていないのに、十分に働いていると身体が勘違いしている」場合があります。鍼治療はこの両方に効果的に作用することが出来るため、つま先剥がれを起こしやすい人には鍼治療が適しているのです。

つま先を上げる筋の働きの弱り方には2通りあると言いましたが、先ず最も知られている鍼治療の効果として、鍼刺激に対する反射による筋疲労や循環の改善、鎮痛効果があります。それらの作用によって筋肉が動きやすくなることは、この場合に求められる効果に適しています。また、間接的に周囲の筋の強化にもつながります。

そしてもう一つの、つま先が上がっていない理由である、筋力が無いのではなく、身体が現在のつま先の挙げ方で十分だというふうに、間違って認識している場合についても、鍼治療は効果があります。その理由は、筋肉の働きが十分だという間違った認識には自律神経が深く関与していて、自律神経の働きの調整に鍼治療がとても有効だからです。

人の身体の動きは、筋肉や関節の角度や動きの情報が筋肉や関節の中にある、固有感覚受容器から脳へと伝えられ、その情報を基に無意識下で調整されています。その無意識による筋肉の活動を調整する自律神経の働きの中に誤作動があることによって、つま先の上がりが十分ではない場合があるのです。

自律神経の働きは、高まりすぎていたとしても、低くなりすぎていたとしても、鍼刺激によって、整えられることが分かっています。それはつまり、高まりすぎていた場合には活動を下げるように調整し、低くなりすぎていた場合には活動を高めるように調整されるのです。

靴のつま先が剥がれやすいのは、足が上がっていないからで、足が上がるようにするのに鍼が有効だというふうに通常思われることはないでしょう。鍼治療というと、痛みのある部分に鍼を刺して痛みを軽減したり、コリを解消したりするイメージですが、自律神経への働きかけに非常に有効な手段です。つまり歩いている最中の足の上がり具合にも自律神経の働きが関係していて、自律神経の働きを整えることで足のつま先がしっかりと上がり、靴のつま先剥がれの改善につながるというわけです。

この、足が上がっていないという状況は、単に靴のつま先にダメージがあって困るというだけの問題ではありません。こうした、意識されにくい身体の動きの、生活に大きな悪影響を与えるには至らない程度の衰えは将来、身体の動きの衰えと共に、大幅な悪化へとつながる可能性があります。生活の質を落とすほどのトラブルが生じる前に、こうした日常の中にある合図を見落とさず、自身の身体をケアするよう心がけることが、自分の足できちんと歩くことのできる生活を長く維持する秘訣となります。

 

子供の靴選びで一番大切なこと

kodomogutuerabi

先日、知人との話の中で、同僚のお母さんたちが子供の靴選びが難しいといって困っているという話題が出ました。

3月になると進学のために買った靴がどれも足に合わなくて困るという相談が増えます。ピークは入学直前の3月末から4月の初めにかけてです。中には、色々なお店で4、5足買ったのに結局どれを履いても足が痛くて履けないということもありました。

他にも、スポーツをやっているのだけれど、例えばサッカーのスパイクで、合うのが見つからず、いつも足を痛がるという相談も多いです。

 

私のところで子供の相談を受けたときに、いつも決まって感じることがあります。

それは、「ためし履きの感想を、保護者の方が急がせるなぁ」ということです。

 

履いて、立って、数歩歩くと、「どう?きつくない?」という声が出てしまっています。

 

保護者の方のお気持ちは分かります。その靴が合っているのかどうかは本人にしか分かりませんから、本人に聞くしかないですし、かといって本人に聞いてみても、お子さんははっきり表現しないから保護者の方にしてみたらもどかしくて、さらに目の前に店員を待たせていることが気になってしまってもどかしさが倍増するのでしょう。

 

しかし、靴と足の表現は、大人にとっても難しいものです。サイズが足に合っていて、かつ痛くない靴を探すことは大人でも皆さん苦労しています。

そして、大人であっても、靴を履いて足が痛いとき、その状況をうまく人に伝えることができる人はそうそう居ません。ここが痛いとか、こういう風にきついとか、いろいろな表現をそれぞれなさいますが、よくよく話しを聞くと、全く的外れなことを言っている人も多くいます。

私のところに相談に来る大人の殆どは、ゆっくりとこちらが順を追って悩みを確認しないと、何がどう痛むのか、どこが問題なのか、こちらが理解することができません。

本人が痛いと思っている場所と、実際に痛みを感じている場所が違うこともよくありますし、気持ちが先走ってしまって、ご本人のアピールされる内容が生活状況の不便さの説明でしかなかったりします。結果として、痛み対策だと思って選んでいる靴が全くの的外れだったりしているのです。

 

足の悩みを伝えることが難しいのには理由があります。

例えば、歩いているときのある瞬間に痛みが出る場合では、どこが痛いのかと聞かれても立ち止まってしまうと分からなくなってしまうということがあります。

他には、足の骨に出っ張っている部分があると、その部分が靴に点で当たって強い痛みを感じます。しかし、自分の足を触っても、その出っ張りに気づくことが出来ないことがあるため、何が痛みを起こしているのかわからず、「歩いていると痛くなる」というふうに表現されたりします。

 

 

そんな、大人にも表現の難しい足のことですから、子供にとって難しいことであることは当然です。最後は靴を履く本人であるお子さんに聞くしかないとしても、じっくりと聞き方も工夫しながら感想を聞いて確認する必要があります。

 

こどもに感想を聞く際に、一番問題なのは、「きつくない?」と聞くことです。

 

先ほど紹介したように、足は骨がちょこっと飛び出ているということがよくあります。そして、その出っ張っている部分は靴に当たって強い痛みを感じます。

このような一箇所点で痛みが出ている場合でも、子供は、「きつい」と言いうことがよくあります。

 

何故「当たって痛い」ではなくて「きつい」なのかというと、、保護者の方のお子さんへの質問が、「きつくない?」だからです。

 

靴屋は、「きつい」と言われたらサイズを大きくするしかありません。しかし、どこかピンポイントで痛いところがある場合は、その部分を加工して当たらないようにすることが出来る場合も有ります。

 

この靴を履いたときは、どこが当たるのか、又はどうすると痛みが出るのか。

一つずつ、時間を掛けて、本人に確認しましょう。

Aの靴は履いただけでここが痛い、Bの靴は歩くときにかかとの後ろが痛いなど、どういうときに、どこが痛くなるのかを時間を掛けて確認すると、これまで全部「きつい」で終わってしまっていたものの、問題点が明確になってきます。

問題点が明確になれば、その問題点さえ取り除くことができれば、履ける靴も出てきますから、これまでと靴のサイズが変わったりします。

このように、一つ一つの靴の問題点を、きちんと表現させてあげることが子供の靴選びでは最も大切です。対処法を見つけるにしても、何が問題なのかを明確にするところから始まります。

 

少し時間が掛かりますので、お店で店員の時間をあまりに長く割くことに抵抗がある場合もあると思います。そんな場合は、朝一番など時間を工夫してみてください。それから、そのお店でうまく靴が見つかったら、他の靴の購入や、学校用の靴は卒業までそのお店で買うようにするなどして、そのお店と長くお付き合いをいただけると嬉しいです。

鍼灸師の先生方向けのセミナーに登壇させていただき、インソールと靴についてお話ししました

昨日は鍼灸師の先生方向けのセミナーに登壇させていただき、インソールと靴についてお話ししました。

20180121

靴業界向けの話しとはちょっと違った切り口でお話し致しました。

「臨床に活用できるひんとがあった」という感想を戴けたことが嬉しかったです。

というのも、臨床で患者さんにアドバイスできたり、問診時に役立てていただくことが出来る靴とインソールの知識を持って帰って戴くことが、私の今回のテーマでした。

臨床で使えるようにお話しをしたので、靴業界の方向けの話しとは違った内容になったのです。

同じ内容の知識でも、その使い方が適した靴をアドバイスするために使うのか、それとも治療のために使うのかによって、切り取り方を変える必要があります。

ですから、治療家が靴のセミナーで靴について学んでも有効活用できず、靴の専門家が治療家のためのセミナーで何かヒントを得ようとしてもうまく活用できないのです。

治療家の知識を靴業界で活かせるように、靴の知識を治療家が臨床で活かせるように、双方の情報を使いやすいように組み立てなおしてお伝えすることは大切だと、あらためて感じました。

それによって、足に悩む人が減ることにつながるとおもいますので、治療家、靴業界、それぞれにお話しさせて戴く機会が今後増えていけばいいなと思います。

ご参加いただいた先生方、ありがとうございました。