最近なんだかランニング中に足が痛くなる。そう感じた人が確認するべきこと。

これまでと変わらずにランニングをしていたのに、なぜか急に足が痛くなったと感じると、頭の中は「なぜ?」でいっぱいになってしまいます。

治療に通うべき?インソールを試してみる?

何か行動を起こしたくなるのは分かりますが、とりあえず行動するのではなく、先ずはどんな行動を起こすべきなのか考えてみましょう。

そのために必要なのは、ここ1ヶ月の行動を振り返ることです。

何かこれまでと変えたことはありませんか?思い出してみてください。1ヶ月というと、自分では忘れてしまっていることって結構あります。

もちろん、オーバーユースなどによる障害の可能性を否定するわけではありません。ただ、どこかに相談するにしても、この作業をしておくことは、とても有効です。

ルッチェに相談にきたランナーの方々で、じっくりと話をしながら1ヶ月の間に変えたことをじっくりと思い返していくだけで、痛みの原因が分かってくることもしばしばあります。
中には、病院や整体に通っても改善しないので、インソールを作るしかないと思って来店される場合もあります。それなのに、結果的には「こんなことが原因だったなんて。。。」なんてことになるわけです。

まず、最も多いのが、「シューズを変えた」です。
中でも、前の靴と同じモデルが生産終了したので、同じシリーズの靴を購入しただけだから、別に問題ないと思ってしまっていることが多いです。
これ、大きな間違いです。同じシリーズでもぜんぜん違う靴ということは結構多くて、メーカーの店員さんから、「その型番の新しいモデルはこちらです」と言われて買った。という方って結構多いです。
心当たりのある方は、捨てていなかったら前の靴を履いてランニングをしてみるか、とにかく別の靴を履いてランニングをしてみてください。
それで改善したら、新しく買ったシューズが合っていないということです。

2番目に多いのは、「仕事で履く靴が変わった」です。
環境が変わって、パンプスを履く機会が増えた、スニーカーから革靴になった、安全靴を履く機会が出来た、長靴を履く機会が出来たなど、仕事の靴ではそれほど長距離を歩いたり、長時間立ったりしないので、そのときは痛みが出ないけれど、その影響でランニングの際に痛みが出ていることがあります。
その場合は、仕事の靴環境を改善する必要がありますので、仕事でその靴を履くことが避けられないのであれば、インソールなどを使用して負担の軽減をする必要があります。
また、1番目と2番目の混合で、仕事の靴を新しく変えたということもありえます。その場合も、先ずは昼間の仕事の靴を以前のものや、ほかのものに変えてみると良いでしょう。それによって改善されるのであれば、新しく買った仕事で履いている靴が合っていないということです。

もしも、新しい靴が合っていなかった場合、その靴の何が悪かったのかが分からなければ、次もまた同じ失敗をしてしまうかもしれません。
合わなかった理由については、ルッチェで相談を受けております。完全予約制で有料ではありますが、同じ失敗を続けて無駄な靴を買うよりも良いのではないでしょうか。

ほかにも、生活習慣のちょっとした変化が影響していることは良くあります。
プライベートなことで、ためしに以前の習慣に戻してみることが出来るのであれば、一つずつチェックしてみましょう。意外なことが原因だったりしますよ。