子供の靴選びで一番大切なこと

kodomogutuerabi

先日、知人との話の中で、同僚のお母さんたちが子供の靴選びが難しいといって困っているという話題が出ました。

3月になると進学のために買った靴がどれも足に合わなくて困るという相談が増えます。ピークは入学直前の3月末から4月の初めにかけてです。中には、色々なお店で4、5足買ったのに結局どれを履いても足が痛くて履けないということもありました。

他にも、スポーツをやっているのだけれど、例えばサッカーのスパイクで、合うのが見つからず、いつも足を痛がるという相談も多いです。

 

私のところで子供の相談を受けたときに、いつも決まって感じることがあります。

それは、「ためし履きの感想を、保護者の方が急がせるなぁ」ということです。

 

履いて、立って、数歩歩くと、「どう?きつくない?」という声が出てしまっています。

 

保護者の方のお気持ちは分かります。その靴が合っているのかどうかは本人にしか分かりませんから、本人に聞くしかないですし、かといって本人に聞いてみても、お子さんははっきり表現しないから保護者の方にしてみたらもどかしくて、さらに目の前に店員を待たせていることが気になってしまってもどかしさが倍増するのでしょう。

 

しかし、靴と足の表現は、大人にとっても難しいものです。サイズが足に合っていて、かつ痛くない靴を探すことは大人でも皆さん苦労しています。

そして、大人であっても、靴を履いて足が痛いとき、その状況をうまく人に伝えることができる人はそうそう居ません。ここが痛いとか、こういう風にきついとか、いろいろな表現をそれぞれなさいますが、よくよく話しを聞くと、全く的外れなことを言っている人も多くいます。

私のところに相談に来る大人の殆どは、ゆっくりとこちらが順を追って悩みを確認しないと、何がどう痛むのか、どこが問題なのか、こちらが理解することができません。

本人が痛いと思っている場所と、実際に痛みを感じている場所が違うこともよくありますし、気持ちが先走ってしまって、ご本人のアピールされる内容が生活状況の不便さの説明でしかなかったりします。結果として、痛み対策だと思って選んでいる靴が全くの的外れだったりしているのです。

 

足の悩みを伝えることが難しいのには理由があります。

例えば、歩いているときのある瞬間に痛みが出る場合では、どこが痛いのかと聞かれても立ち止まってしまうと分からなくなってしまうということがあります。

他には、足の骨に出っ張っている部分があると、その部分が靴に点で当たって強い痛みを感じます。しかし、自分の足を触っても、その出っ張りに気づくことが出来ないことがあるため、何が痛みを起こしているのかわからず、「歩いていると痛くなる」というふうに表現されたりします。

 

 

そんな、大人にも表現の難しい足のことですから、子供にとって難しいことであることは当然です。最後は靴を履く本人であるお子さんに聞くしかないとしても、じっくりと聞き方も工夫しながら感想を聞いて確認する必要があります。

 

こどもに感想を聞く際に、一番問題なのは、「きつくない?」と聞くことです。

 

先ほど紹介したように、足は骨がちょこっと飛び出ているということがよくあります。そして、その出っ張っている部分は靴に当たって強い痛みを感じます。

このような一箇所点で痛みが出ている場合でも、子供は、「きつい」と言いうことがよくあります。

 

何故「当たって痛い」ではなくて「きつい」なのかというと、、保護者の方のお子さんへの質問が、「きつくない?」だからです。

 

靴屋は、「きつい」と言われたらサイズを大きくするしかありません。しかし、どこかピンポイントで痛いところがある場合は、その部分を加工して当たらないようにすることが出来る場合も有ります。

 

この靴を履いたときは、どこが当たるのか、又はどうすると痛みが出るのか。

一つずつ、時間を掛けて、本人に確認しましょう。

Aの靴は履いただけでここが痛い、Bの靴は歩くときにかかとの後ろが痛いなど、どういうときに、どこが痛くなるのかを時間を掛けて確認すると、これまで全部「きつい」で終わってしまっていたものの、問題点が明確になってきます。

問題点が明確になれば、その問題点さえ取り除くことができれば、履ける靴も出てきますから、これまでと靴のサイズが変わったりします。

このように、一つ一つの靴の問題点を、きちんと表現させてあげることが子供の靴選びでは最も大切です。対処法を見つけるにしても、何が問題なのかを明確にするところから始まります。

 

少し時間が掛かりますので、お店で店員の時間をあまりに長く割くことに抵抗がある場合もあると思います。そんな場合は、朝一番など時間を工夫してみてください。それから、そのお店でうまく靴が見つかったら、他の靴の購入や、学校用の靴は卒業までそのお店で買うようにするなどして、そのお店と長くお付き合いをいただけると嬉しいです。

鍼灸師の先生方向けのセミナーに登壇させていただき、インソールと靴についてお話ししました

昨日は鍼灸師の先生方向けのセミナーに登壇させていただき、インソールと靴についてお話ししました。

20180121

靴業界向けの話しとはちょっと違った切り口でお話し致しました。

「臨床に活用できるひんとがあった」という感想を戴けたことが嬉しかったです。

というのも、臨床で患者さんにアドバイスできたり、問診時に役立てていただくことが出来る靴とインソールの知識を持って帰って戴くことが、私の今回のテーマでした。

臨床で使えるようにお話しをしたので、靴業界の方向けの話しとは違った内容になったのです。

同じ内容の知識でも、その使い方が適した靴をアドバイスするために使うのか、それとも治療のために使うのかによって、切り取り方を変える必要があります。

ですから、治療家が靴のセミナーで靴について学んでも有効活用できず、靴の専門家が治療家のためのセミナーで何かヒントを得ようとしてもうまく活用できないのです。

治療家の知識を靴業界で活かせるように、靴の知識を治療家が臨床で活かせるように、双方の情報を使いやすいように組み立てなおしてお伝えすることは大切だと、あらためて感じました。

それによって、足に悩む人が減ることにつながるとおもいますので、治療家、靴業界、それぞれにお話しさせて戴く機会が今後増えていけばいいなと思います。

ご参加いただいた先生方、ありがとうございました。

 

靴のつま先に傷ができたら専門店に相談の前にやってみよう。靴磨きのセットはお持ちですか?簡単なお手入れをご紹介。

持ってきた状態

つま先を傷つけやすくて、いつも白っぽくなっちゃうんですが、きれいになりますか?
踵の修理やつま先の軽い底剥がれの修理にお持ちになった方が、思いつめたように相談されます。踵を修理しても、つま先が傷のままだったら嫌ですからね。

擦れ傷なら靴墨とブラシで
そんな時、ルッチェでは、靴磨きのクリームとブラシ持ってますか?って聞きます。
何故かというと、たいていの場合、それできれいに傷を隠せちゃうからです。
もちろん、深い傷や、特殊な色の場合など、ちょっと自分で簡単にというわけにはいかないこともありますが、黒や茶であれば、結構目立たなくなるものです。

ブラシにワックスを付けて、30秒ほどこすっただけ
ブラシにワックスを付けて、30秒ほどこすっただけ

とても簡単にきれいになります。
少なくとも、踵の修理のタイミングまで待って、傷があるまま専門店に持っていくまでの間履き続けているよりも、自分でちょっとやってしまった方が早いと思います。

靴磨きセットを活用しよう
靴磨きのセットは、あるけど使っていないという方がとても多いことに驚きます。
いまいちどう使っていいのか分からないのだそうです。
画像にあるような大きなブラシの先の方に、ちょんちょんとワックスを付けて、キズを含む広い範囲に大きくブラシを動かしながら靴を擦ります。
ブラシが新しい場合は、ワックスをブラシでこするようにして、ブラシの方にワックスを付けてください。
何度かブラシがけをするうちに、ブラシの方にまんべんなくワックスがついてきますから、そうなったら、先の方にちょんちょんとつけるだけで大丈夫です。

簡単な靴磨きを知りましょう
靴磨きというと、布で磨くイメージや、つま先と踵を光らせなきゃいけないとか、思うかもしれませんが、ブラシだけで十分にきれいになります。
仕舞い込まずに、どんどん使ってほしいと思いますし、持っていなかったら、黒と茶の、平べったい缶のワックスタイプとブラシ2つだけでも持っておくととても便利ですよ。
靴もキレイでいられますし、防水スプレーよりも断然防水効果があります。

簡単靴手入れにオススメのクリームは
ちなみに、液体の塗るだけのタイプや、瓶に入った柔らかいタイプのクリームもありますが、画像のような擦りキズの積み重ねでは、平べったい缶に入ったワックスタイプが、手軽に使うならオススメです。