つま先剥がれを起こしやすい人に鍼治療が適している理由

気がつくと靴のつま先に傷が入っていることのある人や、つま先が剥がれていることがあるという経験はありますか?そんな靴のつま先にダメージがある場合には、無意識のうちに地面をつま先で蹴ってしまっている人が多いです。

そういう言われて、「じゃあ足を上げることを意識して歩かなくちゃ」と思う方もいらっしゃると思いますが、実際はそんな簡単な問題ではありません。

歩くという行動は基本的に無意識です。足が地面から離れて前に出し、かかとを接地して体重を移動させるという一連の流れを、意識しながら行っている人は居ないはずです。もしも歩くことを意識しながら行ったとしても、30秒から1分もしたら、違うことに意識は移り、つま先がきちんと上がっているかどうかということを考えることなど忘れてしまうことでしょう。そして、次の信号待ちで思い出す。たいていそんな風になるものです。

つまり、無意識の歩行の中で、つま先が地面を蹴ってしまうことには理由が必ずあるはずで、その理由を改善しない限り、つま先をが地面を蹴るということがなくならないのです。

では、つま先が地面を蹴ってしまう理由としては、どんなことが考えられるでしょう。

股関節が硬くて可動性の低い人や、膝裏に問題のある人、膝を上げるための大腿の筋肉が弱っていることなどがありえますが、少数派です。

最も多い理由としては、歩行の中で、足首を曲げてつま先を上に上げる筋肉である、前脛骨筋、長指伸筋、長母指伸筋の働きが弱っていることが考えられます。そして、筋の働きが弱っているという状況には、「筋力が弱っている」場合と、「実際には十分働いていないのに、十分に働いていると身体が勘違いしている」場合があります。鍼治療はこの両方に効果的に作用することが出来るため、つま先剥がれを起こしやすい人には鍼治療が適しているのです。

つま先を上げる筋の働きの弱り方には2通りあると言いましたが、先ず最も知られている鍼治療の効果として、鍼刺激に対する反射による筋疲労や循環の改善、鎮痛効果があります。それらの作用によって筋肉が動きやすくなることは、この場合に求められる効果に適しています。また、間接的に周囲の筋の強化にもつながります。

そしてもう一つの、つま先が上がっていない理由である、筋力が無いのではなく、身体が現在のつま先の挙げ方で十分だというふうに、間違って認識している場合についても、鍼治療は効果があります。その理由は、筋肉の働きが十分だという間違った認識には自律神経が深く関与していて、自律神経の働きの調整に鍼治療がとても有効だからです。

人の身体の動きは、筋肉や関節の角度や動きの情報が筋肉や関節の中にある、固有感覚受容器から脳へと伝えられ、その情報を基に無意識下で調整されています。その無意識による筋肉の活動を調整する自律神経の働きの中に誤作動があることによって、つま先の上がりが十分ではない場合があるのです。

自律神経の働きは、高まりすぎていたとしても、低くなりすぎていたとしても、鍼刺激によって、整えられることが分かっています。それはつまり、高まりすぎていた場合には活動を下げるように調整し、低くなりすぎていた場合には活動を高めるように調整されるのです。

靴のつま先が剥がれやすいのは、足が上がっていないからで、足が上がるようにするのに鍼が有効だというふうに通常思われることはないでしょう。鍼治療というと、痛みのある部分に鍼を刺して痛みを軽減したり、コリを解消したりするイメージですが、自律神経への働きかけに非常に有効な手段です。つまり歩いている最中の足の上がり具合にも自律神経の働きが関係していて、自律神経の働きを整えることで足のつま先がしっかりと上がり、靴のつま先剥がれの改善につながるというわけです。

この、足が上がっていないという状況は、単に靴のつま先にダメージがあって困るというだけの問題ではありません。こうした、意識されにくい身体の動きの、生活に大きな悪影響を与えるには至らない程度の衰えは将来、身体の動きの衰えと共に、大幅な悪化へとつながる可能性があります。生活の質を落とすほどのトラブルが生じる前に、こうした日常の中にある合図を見落とさず、自身の身体をケアするよう心がけることが、自分の足できちんと歩くことのできる生活を長く維持する秘訣となります。

 

秋になると足が痛くなったという方が増えます

9月中旬から10月になると、足が痛くなったという相談が増えます。
話しを聞くと、相談に来た方の多くに共通しているのが、夏の間はサンダルを履いていたということです。

samdal

サンダルは、足を押さえている部分が少ないため、普段の靴よりも足が自由で開放された状態になり、楽で快適だと感じます。
その反面、足を押さえる部分が少ないということは、不安定な状態であるともいえます。
不安定さを抑えるためには、筋肉ががんばって働かなくてはいけません。

筋肉はがんばらなくてはいけないのに、楽だと感じるのは不思議だと思いませんか?
そう感じてしまう足は、機能的に少し弱っている可能性があるのですが、ほとんどの人がそうであるため、たいていの人にとっては、楽だと感じることでしょう。
では、なぜ楽だと感じるのでしょうか。

サンダルとは対極にあるといっても良い、男性ものの、カチッとした新品の革靴を想像してみてください。

oxford

新品でまだ底が固く、甲の革もしっかりとした、サイズぴったりのこの靴を履いたら、足は自由に動けそうにありません。
足を行きたい方へと動かすことが出来ないと、全身が窮屈感を覚えます。人によっては、想像しただけで窮屈感を覚えるのではないでしょうか。

一方で、履き古した靴だと、足に馴染んでとても楽だと言います。しかし、この場合の足に馴染んでというのは、「馴染んだ」状態を通り越して、「くたびれた」状態です。足のクセが完全に靴にうつっていて、足の行きたい方に行くように靴が変形しています。

このように、足が自由に動けるようになると、身体全体が開放されて楽に動けるように感じるのです。

さて、本題の秋になると足が痛くなる理由です。
足が自由に動けることで、一時的には楽になったように感じるのですが、一方で、足の自由度が下がっても、靴によって支えられることで、負担が軽減されていたところにも負担が掛かってしまいます。それによって負担の掛かりやすい場所に負担が掛かり続けてしまうところから、その部位を傷めてしまうことが一つ。
もう一つは、足が自由な状態で歩き続けることから、足が行きたいほうへ動くクセが強くなってしまいます。そのクセが残った状態で靴を履き、動きが制限されることで痛みが出てしまうケースが多いです。これによって、足以外の場所にも痛みが出てしまうことがあり、靴のせいで痛くなったのだということに気づかない人が多いです。

夏の間に足についたクセを、サンダルから来るに戻る前に抜いて、秋の靴に戻ったときに、足が痛くなるのを予防しましょう!

ルッチェにて、足の状態チェックとクセを抜くことが出来ます。

こんなことで踵が痛く?スポーツ選手が陥った、靴の意外な落とし穴!

とあるサッカーチームから、選手のインソール製作の依頼を受けて出張足型計測&足と全身のチェックを行った時のエピソードです。

その選手は、踵が痛いということでした。
踵と一口に言っても、私からするととても広い範囲を示しているので、踵のどこなのかを、ゆっくりと探りながら確認していくと、踵の一番後ろ側で、地面に着いているところと、地面から離れて踵の後ろ側に立ち上がっていくところの境目辺りが痛いということでした。

そのほかの症状としては、数年前の捻挫がきっかけでクセになってしまっていて、良く捻挫をしてしまうということ。
また、既往としては、両足ハムストリングスの肉離れをしたことがあるということでした。

踵の痛みというのは、ここ最近のことで、試合中ジャンプの着地で違和感を感じ始めたことがきっかけで、徐々に痛くなってきたとのこと。
チームのトレーナーの方がテーピングを工夫したり、ほかいろいろ試したけれど、改善しないということでした。

私も、何が原因なのか、いろいろとチェックしてみましたが、いまいち原因がわかりませんでした。

そこで、先にインソール製作のための足型を採ることにしました。
いつもどおりに足型を採り、競技で使用するシューズをチェックしていたときに、???その靴がなんだかおかしいように感じたのです。

何が変だったのかというと、靴の中をのぞくと、中敷がやけに長く、踵の後ろのほうに、はみ出すように敷かれていました。
ぱっと見きれいに収まっている様にも見えるのですが、私には、踵と靴に適度な隙間があるべき場所を埋めてしまっているように見えました。
靴自体は、見た目、踵に痛みが出始めた頃よりは前から履いていそうな雰囲気でしたし、一応、痛みの出た頃に靴変えましたか?と聞きましたが、返事は「いいえ」でした。

しかし、選手自身に靴のことを説明すると、ひょっとするとその靴にもともと入っていた中敷ではないかもしれないというのです。
すんなり入ったので、ほかの靴の中敷を入れて、そのまま使っていたかもしれない。そういえば、痛みが出始めた頃と同じ頃かもしれないというのです。

結局、数週間後には痛みが無くなっています。
もちろん、インソールをお作りしましたが、踵の部分についてはなんら特別なことはしませんでした。痛みの原因は間違った中敷を使用したせいだと考えたからです。
インソールでは何の対処もしていないけれど、踵の痛みが無くなった。つまり何のことはない、ほかのシューズの中敷を間違えて入れてしまったことによって生じた怪我だったということですね。