軽い靴は疲れやすい? よくある質問です。

karuikutu

「軽い靴って疲れますよね」こういう意見もあれば、「靴は軽い方が歩きやすい」という意見もあります。
軽い靴は疲れやすいのでしょうか?それとも楽なのでしょうか?

メリットとしての軽さ

軽い靴のメリットは、言うまでもないですが、軽いことでしょう。
必ずではありませんが、靴底も返りが良いようになっていたり、クッション性が良い場合も多いです。

弱さがデメリット

軽い靴のデメリットは、弱いことです。
靴の様々なところで使われている、スポンジについて想像してみてください。密度が高いしっかりしたものと、密度の低いふわっとした物では、どちらが軽いでしょう、そして、どちらが強いでしょうか。厚みが厚いものと、薄い物では、どちらが軽く、どちらが強いでしょうか。
軽くすると、どうしても強度は落ちてしまいます。その特徴を最も顕著に表すのは、陸上競技用のシューズです。軽くするために素材をギリギリまで削る結果、1レース使うだけの強度しか持たない靴もあります。

では本題の、疲れやすいのか、楽なのかです。

楽な靴になる理由

軽い靴の中でも、柔らかくて足当たりのソフトな靴が、履きやすい靴として喜ばれます。
そういう靴の特徴は、履き始めてそんなに時間が経たないうちから足に馴染み、とてもフィットして快適に感じられます。
足に当たって痛い靴を履きながら歩くと、必要の無いところにも力が入ってとても疲れます。買ってすぐに履き心地がとても良いため、普段どこかしら靴に当たって痛い人にとっては、履き心地の良い、快適で、楽な靴となります。

疲れやすい靴となってしまう原因

は、軽い材料の特徴である、軽い分密度が低く、変形しやすいことにあります。そのため、1足の靴を長く履きたい人には向いていません。かかとの減りも早い場合が多いですし、アッパーの型崩れも早いです。そんな状態で履いていると、疲れやすいことは間違いないでしょう。
また、足を支えるのに十分な強度を持っていないこともあり、靴によって足が支えられていることが楽に感じる人にとっては、疲れやすい靴となります。
例えば、踵の芯がしっかりと入った靴をいつも履いている人にとって、靴の形をキープするための最低限の強度しか持っていない踵の芯が入った靴を履くと、足元がフニャフニャして歩きにくいといいます。

靴選びの条件

つまり、素材の軽さと柔らかさによって、足の自由度が高い靴が楽な人にとっては楽な靴であり、足はしっかりと固定された靴が好きな人にとっては、疲れやすい靴になってしまいます。
結論としては、軽い靴=楽 軽い靴=疲れやすい というわけではありません。
大切なのは、自分にとって楽な靴の条件を知っておくことです。その条件を満たしていれば、軽くても軽くなくても疲れにくい靴となるはずですから。

なぜ子供に大きな靴を履かせてしまうのか?新常識こどもの靴選びに失敗する理由

世の中には沢山の、子供の靴の選び方を書いた本やブログやパンフレットがあります。
それにもかかわらず、保護者はなぜ、子供に大きめの靴を履かせてしまうのでしょうか。

世にある情報が間違っているのでしょうか?

結論から言うと、巷の情報は完全に間違っているわけではありません。

しかし、ある大切な要素が抜けているのです。
そのせいで、子供の靴のサイズの変化についての説明が不十分になってしまうのです。
分かりやすく説明しますが、少し長くなるかもしれません。ですが、きちんと理解していただきたいので、お付き合いください。そうすると、少し安心して、子供の靴の成長を見守れるようになります。

まず、子供が足に合った靴を履いていないことについて、よく言われている原因は、
1、選び方の基準が分からない
2、どんどん成長してしまう
3、足が痛いというから大きい靴を履くことになる
4、子供の求めるデザイン
5、靴のサイズ展開
などがあります。

これらの理由によって靴選びに悩んでしまうお気持ちは良く分かります。
子供靴の選び方として紹介されている基準も、情報元によって様々あって、どれを信じたらよいのか分からなくなりますね。
でも、どの説明も間違ったことは言っていません。
間違ってはいませんが、ある大切な要素が考慮されていないため、説明が不十分なものになっています。そのせいで、保護者の方は戸惑ってしまっているのだと感じます。

成長していく子供の足の、靴のサイズが合っているかどうか。これを考える上での重要な基準として、つま先の余裕がどの程度必要かというものがあります。
子供靴は5ミリでよい、とか、10ミリ以上必要だなど、このことだけでも諸説あり、知れば知るほど迷ってしまうという人も少なくないようです。
この諸説ある余裕寸法ですが、諸説のどれも間違っていません。
大切なのは、どの時期かということです。
成長に合わせた、適切な余裕寸法というものがあります。
つまり、成長に合わせて適切な余裕寸法が変わるのです。

ここでいう成長とは、年齢や足のサイズで区切れるものではありません。
では、何の成長によって変わるのか。

それは、子供の歩き方の成長です。
これこそが、他の子供靴の説明に欠けている大切な要素です。

歩き方の変化によって、必要になる余裕寸法が変わってくるのです。
これが世にある情報の中には、全く考慮されていないのです。

では、子供の歩き方の変化とはどういうことなのか、説明しましょう。
子供の歩き始めからしばらくは、浮かせた足を前に出して、足の裏全体で接地するようにペタペタ歩きます。
この時期は、余裕の寸法はあまり必要ありません。5ミリあれば十分で、3ミリから7ミリが目安です。つま先が足に当たってしまってはいけませんが、多すぎてもいけません。ただし、つま先の余裕が短い分、厚みが必要です。
少なくても良いのは、判断がちょっと難しいですね。
まだ靴を履くのに保護者の手伝いが必要な場合には、買い替えの目安として、履かせづらくなったらそろそろかな?と思って、意識して様子を見ましょう。
つま先がきついかどうかを、子供に聞いても分かりません。中敷をはずせる靴であれば、外して足を乗せてチェックしてください。子供は、つま先が靴に当たったら、指を曲げて履いてしまいますから、注意が必要です。

 

身体のバランスが安定してくると、身体の後ろに蹴り足が残るような、大人に近い歩き方をするようになります。そうなると、必要な余裕寸法は歩き方の成長に合わせてだんだん大きくなり、通常10ミリになります。最低でも5ミリです。5ミリを切ると、歩いている最中につま先が靴に触れる可能性が出てきます。

ここで、お気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、今まで5ミリが適切だった余裕寸法が、徐々にとはいえ、「最低で5ミリ、10ミリ欲しい」へと変化していきます。つまり、この歩き方が変化していく時期は、足が大きくなっているという理由に加えて、歩き方が変化していることによっても、靴を大きくしなくてはいけないのです。

この歩き方の変化は、誰にも注目されていません。子供の靴のサイズについての様々な解説を見ましたが、一切触れられていません。

足の大きさに合わせて買い換えた靴が、歩き方の変化によってすぐに指先が当たってしまうようなり、また買い替えが必要になる。
歩き方の変化するこの時期の経験が、必要以上に大きな靴を子供に履かせる原因になっているのではないでしょうか。

この時期の目安は、3歳くらいです。それまで歩いた距離や、骨格なども影響しますし、徐々に変化していくので、一概に線引きはできません。変化に合わせて徐々に必要なつま先の余裕が多くなります。

この、足の成長と歩き方の変化が重なる時期は1度です。
保護者の方には、そのことを知った上で、割り切って、こまめな靴の買い替えが必要な、仕方の無い時期だという風に考えてください。
そうすれば、この時期が過ぎたその後は、必要以上に余裕を持たせた靴選びをしなくても済むようになるのではないでしょうか。

履きやすい靴って何ですか? という質問をいただきました。

履きやすい靴って何ですか?単純な質問ですが答えるにはちょっと時間が必要です。

先日、初めてご来店のお客様から、ふと、そう聞かれました。
この質問は、しばしばされることがあるのですが、単純な質問なのに、単純には答えられません。そのときも答えるのに、というよりも説明するのに時間がかかったのですが、それには理由があります。

 

基本的には、3人に1人にとって履きやすい靴であれば、とても優秀な靴だと思います。
中には、3人のうち2人が履きやすいという靴もたまにあります。

でも、先ほどの質問をした方に、「この靴が履きやすい靴ですよ」と言って、3人に2人が履きやすいと言う靴を見せても、この場合の求められている答えとは違います。

この質問をする方は、たいていの場合、いつも同じ場所に何らかのトラブルがあります。

ですから、最初こうお答えします。
「仕入れる靴を選ぶとき、こういうトラブルがある人はこの靴が履きやすいだろうな、とか、あのお客様のタイプの足にはこの靴は合うだろうなとか、何らかの悩みがある方が、それを感じることなく履ける靴はどれかを考えています。ですから、何か靴選びに問題があればお聞かせいただけますか?」

こう聞くと、小指が痛い、外反母趾が…、足の裏が痛い、踵が痛いなどなど、皆さんそれぞれに、いつも靴が合わない理由をお持ちです。

この方の場合は、「踵がいつも抜けてしまう」というものでした。

ということは、踵が抜けない靴が、このときのこの方にとっての「履きやすい靴」ということになります。

この方がそのときに履いていた靴は、プラットフォームのパンプスでした。
プラットフォームというのは、靴底の前のほうも厚くなっていて、その分ヒールを高くすることが出来ている靴です。

先に結論を言いますと、この方の靴の踵が抜けやすいのは、股関節の固さからきています。

立ち方、歩き方からすぐにその特徴はわかります。股関節の固さによる歩き方では、底の返りのない靴は踵が抜けやすいです。

ですから、この日に履いていたプラットフォームという靴は、厚底で返りが悪いため、相性の悪い靴というわけです。

パンプスでも、返りの良い靴であれば、抜けることなく履ける靴もあります。
実際、ちょうど修理に持って行こうと思っていたといって、持っていた靴は、もっている靴の中で1番履きやすい靴で、踵が抜けないそうなのですが、底が薄く、返りはとても良かったです。

そういう話を一通りして、その方にとっての履きやすい靴とは、底の返りが良く、かかとが抜けにくい靴ということになりますね、とお話しました。

ただ、それよりも大切なのは、股関節の固さを和らげることだともお伝えし、ご予約をいただいてその部分の対処を行うことになりました。

このように、人によって履きやすい靴の条件は変わります。
自分が足に合わないと思う靴を履いたときに、どこに不都合を感じて合わないと思うのか、普段から気にしてみてくださいね。

踵が抜けやすい人について詳しく知りたい人はこちら