軽い靴は疲れやすい? よくある質問です。

「軽い靴って疲れますよね」こういう意見もあれば、「靴は軽い方が歩きやすい」という意見もあります。
軽い靴は疲れやすいのでしょうか?それとも楽なのでしょうか?

メリットとしての軽さ

軽い靴のメリットは、言うまでもないですが、軽いことでしょう。
必ずではありませんが、靴底も返りが良いようになっていたり、クッション性が良い場合も多いです。

弱さがデメリット

軽い靴のデメリットは、弱いことです。
靴の様々なところで使われている、スポンジについて想像してみてください。密度が高いしっかりしたものと、密度の低いふわっとした物では、どちらが軽いでしょう、そして、どちらが強いでしょうか。厚みが厚いものと、薄い物では、どちらが軽く、どちらが強いでしょうか。
軽くすると、どうしても強度は落ちてしまいます。その特徴を最も顕著に表すのは、陸上競技用のシューズです。軽くするために素材をギリギリまで削る結果、1レース使うだけの強度しか持たない靴もあります。

では本題の、疲れやすいのか、楽なのかです。

楽な靴になる理由

軽い靴の中でも、柔らかくて足当たりのソフトな靴が、履きやすい靴として喜ばれます。
そういう靴の特徴は、履き始めてそんなに時間が経たないうちから足に馴染み、とてもフィットして快適に感じられます。
足に当たって痛い靴を履きながら歩くと、必要の無いところにも力が入ってとても疲れます。買ってすぐに履き心地がとても良いため、普段どこかしら靴に当たって痛い人にとっては、履き心地の良い、快適で、楽な靴となります。

疲れやすい靴となってしまう原因

は、軽い材料の特徴である、軽い分密度が低く、変形しやすいことにあります。そのため、1足の靴を長く履きたい人には向いていません。かかとの減りも早い場合が多いですし、アッパーの型崩れも早いです。そんな状態で履いていると、疲れやすいことは間違いないでしょう。
また、足を支えるのに十分な強度を持っていないこともあり、靴によって足が支えられていることが楽に感じる人にとっては、疲れやすい靴となります。
例えば、踵の芯がしっかりと入った靴をいつも履いている人にとって、靴の形をキープするための最低限の強度しか持っていない踵の芯が入った靴を履くと、足元がフニャフニャして歩きにくいといいます。

靴選びの条件

つまり、素材の軽さと柔らかさによって、足の自由度が高い靴が楽な人にとっては楽な靴であり、足はしっかりと固定された靴が好きな人にとっては、疲れやすい靴になってしまいます。
結論としては、軽い靴=楽 軽い靴=疲れやすい というわけではありません。
大切なのは、自分にとって楽な靴の条件を知っておくことです。その条件を満たしていれば、軽くても軽くなくても疲れにくい靴となるはずですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です