足の小指が外反母趾のせいで痛いんです。外反母趾なのに小指?矛盾した悩みの理由と対処法。

gaihankoyubi

「外反母趾がひどくて足が痛いんです」こういわれると、「あー、親指が痛いんだろうな」って思うのが当たり前なのですが、小指が痛いという人がいます。
普通に考えたら、「何で?」となるところですが、冗談でも間違いでもありません。
そうなってしまうのにはいくつかの理由があります。

靴の中で親指が優先されている

外反母趾なのに小指が痛い人の中で多いのが、外反母趾だけれど、母趾はそれほど痛くないタイプです。
複数の原因が重なってこういう症状になるのですが、共通していえる事があります。
母指の方が骨も太く、しっかりとしているため、靴の中で優先的に居場所を確保してしまうことによって、小指の居場所が無くなってしまい、靴に押し付けられることで痛くなります。(↓図)
gaihankoyubi

内反小趾になってきた

親指ではなく小指が痛い人で、外反母趾は昔からで、親指の変形は変わっていないのに、どんどん内反小趾になってきていて、小指が痛い。
だんだんと痛みは強くなり、分厚い胼胝が小指の付け根を覆うように出来ることがあります。この状態になると、なかなか自分だけの力で改善は難しいです。
こんな場合には、足の使い方や立ちかた、歩き方が変わってきています。
また、普通の治療院では身体の状態は把握できても、足と靴についてはできないところがほとんどですし、病院では胼胝への処置や小指の痛みに対する貼り薬、塗り薬といった対症療法がほとんどです。
インソールや治療による足自体の機能の改善がまず必要です。
足自体の改善と同時に、クセになっている立ち方や身体の使い方を変えてあげる必要があります。

自分で出来る対処法

自分で出来る対処法としては、靴の底や踵の片減りしたものを履くのはやめましょう。
こまめに修理して、靴が平らな状態を保つことを心がけてください。
親指の居場所を靴の中で作ってあげることも有効です。外反母趾のでっぱりが靴の中で居場所をとりすぎているために小指が靴に当たって圧迫されているわけなので、外反母趾の出っ張りにあたる部分を延ばして出っ張らせることで、親指のいる場所を作るだけで、小指の痛みが軽減されます。

外反母趾の悩み解決のために知っておくべきこと

今回の例のような、外反母趾なのに小指が痛くなるのは、外反母趾の人すべてに共通したことではありません。
外反母趾というのはあくまでも、母趾基節骨が中足骨頭に対して概則に変位しているという状態をあらわしているにすぎません。ですから、外反母趾にもたくさんのタイプがあります。
もしもあなたが外反母趾で、どこかに痛みがあるのでしたら、足と靴の専門相談ルッチェまでご相談ください。

軽い靴は疲れやすい? よくある質問です。

karuikutu

「軽い靴って疲れますよね」こういう意見もあれば、「靴は軽い方が歩きやすい」という意見もあります。
軽い靴は疲れやすいのでしょうか?それとも楽なのでしょうか?

メリットとしての軽さ

軽い靴のメリットは、言うまでもないですが、軽いことでしょう。
必ずではありませんが、靴底も返りが良いようになっていたり、クッション性が良い場合も多いです。

弱さがデメリット

軽い靴のデメリットは、弱いことです。
靴の様々なところで使われている、スポンジについて想像してみてください。密度が高いしっかりしたものと、密度の低いふわっとした物では、どちらが軽いでしょう、そして、どちらが強いでしょうか。厚みが厚いものと、薄い物では、どちらが軽く、どちらが強いでしょうか。
軽くすると、どうしても強度は落ちてしまいます。その特徴を最も顕著に表すのは、陸上競技用のシューズです。軽くするために素材をギリギリまで削る結果、1レース使うだけの強度しか持たない靴もあります。

では本題の、疲れやすいのか、楽なのかです。

楽な靴になる理由

軽い靴の中でも、柔らかくて足当たりのソフトな靴が、履きやすい靴として喜ばれます。
そういう靴の特徴は、履き始めてそんなに時間が経たないうちから足に馴染み、とてもフィットして快適に感じられます。
足に当たって痛い靴を履きながら歩くと、必要の無いところにも力が入ってとても疲れます。買ってすぐに履き心地がとても良いため、普段どこかしら靴に当たって痛い人にとっては、履き心地の良い、快適で、楽な靴となります。

疲れやすい靴となってしまう原因

は、軽い材料の特徴である、軽い分密度が低く、変形しやすいことにあります。そのため、1足の靴を長く履きたい人には向いていません。かかとの減りも早い場合が多いですし、アッパーの型崩れも早いです。そんな状態で履いていると、疲れやすいことは間違いないでしょう。
また、足を支えるのに十分な強度を持っていないこともあり、靴によって足が支えられていることが楽に感じる人にとっては、疲れやすい靴となります。
例えば、踵の芯がしっかりと入った靴をいつも履いている人にとって、靴の形をキープするための最低限の強度しか持っていない踵の芯が入った靴を履くと、足元がフニャフニャして歩きにくいといいます。

靴選びの条件

つまり、素材の軽さと柔らかさによって、足の自由度が高い靴が楽な人にとっては楽な靴であり、足はしっかりと固定された靴が好きな人にとっては、疲れやすい靴になってしまいます。
結論としては、軽い靴=楽 軽い靴=疲れやすい というわけではありません。
大切なのは、自分にとって楽な靴の条件を知っておくことです。その条件を満たしていれば、軽くても軽くなくても疲れにくい靴となるはずですから。

足裏に胼胝が、ハイヒールをやめてバレエシューズを履こうと思った方の注意事項

heel

いつもハイヒールを履いているけれど、足裏の指の付け根に胼胝ができてきた。前からあったけれど、大きくなってきたという方は、その対処のために、ヒールの低い靴を履こうとします。
そうするとバレエシューズのようなヒールのペタンコの靴を履くようにする場合が多いです。
負担を減らすという意味では間違っていないかもしれませんが、ルッチェでは少し違う方法をお勧めします。
なぜなら、普段ハイヒールを履く方が急にバレエシューズを履くようになった結果、かえって足が痛くなったといってルッチェに相談に来る方が多いからです。

私のお勧めする方法は3つです。
・8センチ以上のハイヒールを履いていた方は、5、6センチのヒールの靴を履く
・普段はスニーカーを履くようにして、1日10から15分ヒールを履いて歩く
・インソールなどによる対処(横アーチの低下など、足に変形が生じている場合)

 

方法1
いつも8センチ以上のハイヒールを履いていた方は、5から6センチくらいのヒールの靴を履く

この方法が受け入れられにくい最大の理由は、8センチ以上のヒールを履く方は、5、6センチのヒールの靴に魅力を感じないということです。
そのため、「5.6センチのヒールを買うのなら、ペタンコのかわいい靴の方が欲しい」というふうに思うようです。

そこで、なぜペタンコではなく5,6センチのヒールなのかからお話しします。
人の身体の筋肉は、鍛えた角度で筋力が付きます。
8センチ以上のヒールを履いているとその高さのヒールを履いて立って歩くために必要な筋肉が使われます。
これを、急にヒールがほとんど無い靴を履くようにしてしまうと、ハイヒールを履くための筋力が弱ってしまいます。
しばらくヒールから離れてしまうと、再度ハイヒールを履いたときに足を痛めてしまうこともあります。
5,6センチのヒールでは、やはりその角度での筋力が強くなることになるのですが、歩く上では8センチのヒールで必要な筋肉を使う可能性があります。
足のトラブルの程度にもよりますが、8センチ以上のヒールを普段履きなれた方からすると、5,6センチのヒールは低いため、負担を軽減することは可能です。

方法2
普段はスニーカーにして、毎日10分から15分はヒールを履く
スニーカーはクッション性がよく、安定感のある物を選び、足への負担を極力減らしましょう。履いていて楽であれば、ヒールが高めの物でもかまいません。しかし、ハイヒールスニーカーはだめです。そして、毎日10分から15分、いつも履いていたハイヒールの靴を履いて歩いてください。
足の改善のためにしばらくハイヒールから離れる方が良いのですが、あまり時間が空いてしまうと、ハイヒールを履くための筋力が落ちてしまいます。
かといって長時間では足にストレスになってしまいます。
近所への短時間の買い物でだけ履くようにしてください。
足裏の胼胝が減ったり、痛みが軽減してきたとき、なるべくハイヒールに戻りやすくしておきましょう。

方法3
インソールなどによる対処
今までよりも胼胝がひどくなってきたり、痛みが強くなってきた場合、足に変形が生じてきたということもあり得ます。その場合に最も効果的なのはインソールです。靴を履いて立っている間、足にアプローチできるからです。他に、テーピングや、サポーターなどがありますが、面倒くさかったり、靴が履きづらくなったりします。
足が変形すると、足の働きが悪くなります。インソールによって支えながら刺激を与えることが、足の働きの改善にはとても有効です。
この場合、靴はスニーカーが最も効果を出しやすいです。
方法2+インソールという感じですね。

 

自分の足について詳しく知りたい人はこちら

オーダーメイドインソールについてもう少し詳しく知りたい人はこちら