秋になると足が痛くなったという方が増えます

9月中旬から10月になると、足が痛くなったという相談が増えます。
話しを聞くと、相談に来た方の多くに共通しているのが、夏の間はサンダルを履いていたということです。

samdal

サンダルは、足を押さえている部分が少ないため、普段の靴よりも足が自由で開放された状態になり、楽で快適だと感じます。
その反面、足を押さえる部分が少ないということは、不安定な状態であるともいえます。
不安定さを抑えるためには、筋肉ががんばって働かなくてはいけません。

筋肉はがんばらなくてはいけないのに、楽だと感じるのは不思議だと思いませんか?
そう感じてしまう足は、機能的に少し弱っている可能性があるのですが、ほとんどの人がそうであるため、たいていの人にとっては、楽だと感じることでしょう。
では、なぜ楽だと感じるのでしょうか。

サンダルとは対極にあるといっても良い、男性ものの、カチッとした新品の革靴を想像してみてください。

oxford

新品でまだ底が固く、甲の革もしっかりとした、サイズぴったりのこの靴を履いたら、足は自由に動けそうにありません。
足を行きたい方へと動かすことが出来ないと、全身が窮屈感を覚えます。人によっては、想像しただけで窮屈感を覚えるのではないでしょうか。

一方で、履き古した靴だと、足に馴染んでとても楽だと言います。しかし、この場合の足に馴染んでというのは、「馴染んだ」状態を通り越して、「くたびれた」状態です。足のクセが完全に靴にうつっていて、足の行きたい方に行くように靴が変形しています。

このように、足が自由に動けるようになると、身体全体が開放されて楽に動けるように感じるのです。

さて、本題の秋になると足が痛くなる理由です。
足が自由に動けることで、一時的には楽になったように感じるのですが、一方で、足の自由度が下がっても、靴によって支えられることで、負担が軽減されていたところにも負担が掛かってしまいます。それによって負担の掛かりやすい場所に負担が掛かり続けてしまうところから、その部位を傷めてしまうことが一つ。
もう一つは、足が自由な状態で歩き続けることから、足が行きたいほうへ動くクセが強くなってしまいます。そのクセが残った状態で靴を履き、動きが制限されることで痛みが出てしまうケースが多いです。これによって、足以外の場所にも痛みが出てしまうことがあり、靴のせいで痛くなったのだということに気づかない人が多いです。

夏の間に足についたクセを、サンダルから来るに戻る前に抜いて、秋の靴に戻ったときに、足が痛くなるのを予防しましょう!

ルッチェにて、足の状態チェックとクセを抜くことが出来ます。

膝の前側で、スネの上のほうのでっぱりが痛いという60代男性の相談を受けました

keikotusomen

60代の男性からの相談です。
登山が好きで、縦走の3日目か、4日目になると下りで膝が痛くなるというのが悩みです。

今までと同じように行動しているのに、痛みが出る。その痛みが、時間とともにだんだんと強くなると、心配になりますよね。

痛みが出る場所は膝の前側、スネの上の方で、したからスネの前側をさすり上げると、上のところで出っ張りにあたります。その部分の痛みです。

 keikotusomen

この部分は、オスグッド・シュラッター病として成長期に痛みを訴える場所です。
この方も、学生時代にうさぎ跳びを沢山したそうで、そのせいで学生時代、この部分に痛みが出たことがありました。
その場所が今になって痛くなったことも、何か体に変化が起こっているのだと感じ、でも何が起こっているのかわからないことから不安になり、相談にきた理由でした。

その他の情報
四国でお遍路をして、1,200キロ以上歩いても痛みが出なかった。
ずっと変わらずに週一回トレーニングを行っている。

受けた質問
中敷か靴で何とかなるのか?
それとも何か他の方法があるのか?
週一回トレーニングをしているが、それでは足りないのか?

先ず、痛みの理由は何でしょうか。この方の場合、年齢が上がることで、筋力が徐々に低下していることが痛みの元になっていると考えられます。

そう考える理由は、登山を急に始めたわけでは無いという事。トレーニングを以前と変わらず行っている事。縦走の最初から起こっている痛みではない事。数日に渡って1,200キロを歩き続けても痛みが出ない事です。

なぜ年齢が関係しているのかというと、60代とは言わなくても、年齢が上がれば上がるほど筋力は落ちていくこと。同じようにトレーニングをしていても、同じ筋力を維持し続けることは困難になるためです。

そして、登山の縦走中、3日目又は4日目ということは、筋肉に疲労が溜まってきてから痛みが出ています。それも下りのみで症状が出ていることからも、筋力の低下を疑うことが出来ます。

また、数日間長距離を歩き続けても痛みが出ない事から、登山という負荷が掛かっていなければ、痛みが出ないということになりますので、筋力との関係が深いと言えます。

では、どうしたら良いのでしょうか。
ご本人の言うとおり、トレーニングを増やすと良いのでしょうか。

今のところ、痛みは登山縦走中だけですので、以前と同じペースでの縦走は無理ということになります。
そのペースをなるべく落とさずに今後も続けていくための手段として、縦走中の負担を軽減するために、アイテムを使うことをお勧めしました。
例えば、ステッキを使うことや、インソールを用いて足の負担を軽減することが有効です。

では、トレーニングを増やした方がいいのでしょうか。
この場合、年齢からも、トレーニングを増やしたからといって問題を解決できるほど筋力を強くすることは、難しいでしょう。
もちろん、長い目で見たときに、筋力の向上、又は維持を目的として、適切な量のトレーニングを増やすことは有効かもしれません。しかし、結果が出るまで時間が掛かります。
先ずは道具によって負担を軽減することが有効です。

こうした説明によって、ここには書けていないその他のことにも、いろいろと納得のいくところがあり、理由が分かったことで不安が無くなったとの事です。
実際、持っていたステッキを積極的に使うようにすると、痛みの出方が断然らくになったと言っていました。
現在インソール製作を検討中です。
インソールによって、足の安定性が増すこと、足自体の負担が軽減されることで、脚と全身の負担が軽減されます。

なぜ子供に大きな靴を履かせてしまうのか?新常識こどもの靴選びに失敗する理由

世の中には沢山の、子供の靴の選び方を書いた本やブログやパンフレットがあります。
それにもかかわらず、保護者はなぜ、子供に大きめの靴を履かせてしまうのでしょうか。

世にある情報が間違っているのでしょうか?

結論から言うと、巷の情報は完全に間違っているわけではありません。

しかし、ある大切な要素が抜けているのです。
そのせいで、子供の靴のサイズの変化についての説明が不十分になってしまうのです。
分かりやすく説明しますが、少し長くなるかもしれません。ですが、きちんと理解していただきたいので、お付き合いください。そうすると、少し安心して、子供の靴の成長を見守れるようになります。

まず、子供が足に合った靴を履いていないことについて、よく言われている原因は、
1、選び方の基準が分からない
2、どんどん成長してしまう
3、足が痛いというから大きい靴を履くことになる
4、子供の求めるデザイン
5、靴のサイズ展開
などがあります。

これらの理由によって靴選びに悩んでしまうお気持ちは良く分かります。
子供靴の選び方として紹介されている基準も、情報元によって様々あって、どれを信じたらよいのか分からなくなりますね。
でも、どの説明も間違ったことは言っていません。
間違ってはいませんが、ある大切な要素が考慮されていないため、説明が不十分なものになっています。そのせいで、保護者の方は戸惑ってしまっているのだと感じます。

成長していく子供の足の、靴のサイズが合っているかどうか。これを考える上での重要な基準として、つま先の余裕がどの程度必要かというものがあります。
子供靴は5ミリでよい、とか、10ミリ以上必要だなど、このことだけでも諸説あり、知れば知るほど迷ってしまうという人も少なくないようです。
この諸説ある余裕寸法ですが、諸説のどれも間違っていません。
大切なのは、どの時期かということです。
成長に合わせた、適切な余裕寸法というものがあります。
つまり、成長に合わせて適切な余裕寸法が変わるのです。

ここでいう成長とは、年齢や足のサイズで区切れるものではありません。
では、何の成長によって変わるのか。

それは、子供の歩き方の成長です。
これこそが、他の子供靴の説明に欠けている大切な要素です。

歩き方の変化によって、必要になる余裕寸法が変わってくるのです。
これが世にある情報の中には、全く考慮されていないのです。

では、子供の歩き方の変化とはどういうことなのか、説明しましょう。
子供の歩き始めからしばらくは、浮かせた足を前に出して、足の裏全体で接地するようにペタペタ歩きます。
この時期は、余裕の寸法はあまり必要ありません。5ミリあれば十分で、3ミリから7ミリが目安です。つま先が足に当たってしまってはいけませんが、多すぎてもいけません。ただし、つま先の余裕が短い分、厚みが必要です。
少なくても良いのは、判断がちょっと難しいですね。
まだ靴を履くのに保護者の手伝いが必要な場合には、買い替えの目安として、履かせづらくなったらそろそろかな?と思って、意識して様子を見ましょう。
つま先がきついかどうかを、子供に聞いても分かりません。中敷をはずせる靴であれば、外して足を乗せてチェックしてください。子供は、つま先が靴に当たったら、指を曲げて履いてしまいますから、注意が必要です。

 

身体のバランスが安定してくると、身体の後ろに蹴り足が残るような、大人に近い歩き方をするようになります。そうなると、必要な余裕寸法は歩き方の成長に合わせてだんだん大きくなり、通常10ミリになります。最低でも5ミリです。5ミリを切ると、歩いている最中につま先が靴に触れる可能性が出てきます。

ここで、お気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、今まで5ミリが適切だった余裕寸法が、徐々にとはいえ、「最低で5ミリ、10ミリ欲しい」へと変化していきます。つまり、この歩き方が変化していく時期は、足が大きくなっているという理由に加えて、歩き方が変化していることによっても、靴を大きくしなくてはいけないのです。

この歩き方の変化は、誰にも注目されていません。子供の靴のサイズについての様々な解説を見ましたが、一切触れられていません。

足の大きさに合わせて買い換えた靴が、歩き方の変化によってすぐに指先が当たってしまうようなり、また買い替えが必要になる。
歩き方の変化するこの時期の経験が、必要以上に大きな靴を子供に履かせる原因になっているのではないでしょうか。

この時期の目安は、3歳くらいです。それまで歩いた距離や、骨格なども影響しますし、徐々に変化していくので、一概に線引きはできません。変化に合わせて徐々に必要なつま先の余裕が多くなります。

この、足の成長と歩き方の変化が重なる時期は1度です。
保護者の方には、そのことを知った上で、割り切って、こまめな靴の買い替えが必要な、仕方の無い時期だという風に考えてください。
そうすれば、この時期が過ぎたその後は、必要以上に余裕を持たせた靴選びをしなくても済むようになるのではないでしょうか。