子供の外反母趾について相談されました

gaihan2

10歳の男の子のお母さんから、子供が外反母趾なんだけど、どうしたらいいのかという相談がありました。
そのときにお話しした内容と、せっかくなので、中学生以上の子供の足についても追加して説明しています。

成長中の足で大切なこと

私が成長中の子供の足で大切にしているのは、足がきちんと機能しているかどうかです。
機能しているかどうかのチェックは、素人では判断できないと思いますので、専門の人に見てもらう必要があります。
インソールと靴の店ルッチェでも行っています。
今すぐ足のチェックを予約する

痛みも足の機能低下もない場合

すぐには何もしない

中学生以下で、外反母趾であっても足の機能低下も無く、痛みもないのなら、その時点では特に何もしません。(中学生以上の子供の場合は、下の方を読んでください)
その場合、その子にとっての靴選びの注意点を確認し、靴選びには気を使っていただきます。
大切なのは、いつ機能が低下してしまうかもしれないので、定期的なチェックが必要だということです。

足のための習慣をもとう

足の機能の低下を家チェックするのはちょっと難しいでしょう。ですから、足に痛みがないかを聞くだけでいいです。そのかわり、一緒に出かけるときや、玄関で靴を履くとき、脱ぐときなどの思いついたとき、こまめに足に痛いところやいつもと違うところがないか聞いてあげましょう。
難しいことをする必要な無くて、ただいつも気にかけて、聞く習慣をつけてください。
子供にしても、急に言われても答えられないと思いますが、日常的に聞いてあげるようにすると、本人も考えるようになります。そうすると、普段と違うところがあれば教えてくれるようになります。そして、痛いだけではない変化も聞き出しやすくなるはずです。

足に痛みや機能低下がある場合

対処が必要

次に、痛いところや、機能低下がある場合は、対処が必要です。
その場合には、皆さんにインソールの製作をしていただいています。
他のこともするのですが、それらは人によって違います。
インソール製作は全員に共通してお願いしています。

機能低下した足にインソールが必要な理由

子供という早い時期に外反母趾という変形があって、さらに機能の低下があるわけですから、先ずは構造をサポートしてあげる必要があります。そのためのインソールです。
インソールを使うことで構造が適切に保たれると、足の機能も回復しやすいです。
特に子供ですと、それだけで改善する場合もあります。
インソール以外には、足の運動や、全身のバランスのための運動、ナカメ式足指バンドというちょっと変わったバランス調整法も必要に応じて使います。

中学生以上の外反母趾の場合

痛み、機能低下は無関係

今回は相談が10歳の男の子だったので、靴のサイズがどんどん大きくなる場合の話しをしましたが、中学生頃になると、靴のサイズは成長しなくなります。
靴サイズの成長が止まったら、痛みや機能低下がなくても、インソールによる構造のサポートは行った方が良いです。

中学生以上では無条件でサポートが有効な理由

縦の長さは伸びなくなり、靴のサイズは安定しますが、成長が終わってしまったわけではありません。骨や関節がしっかりとしてくるなどの面では成長が続きます。足自体が出来上がっていくこの時期に、アーチのある足の形を足に覚えさせるために、痛みや機能低下が確認できなくてもサポートを行った方が良いのです。
足の成長が完全に終わると、衰えがはじまります。その前に出来ることをしておくというわけです。

中学生まで待つ理由

なぜ靴のサイズが変わらなくなるまで待つかというと、靴のサイズが変わるとインソールも作り変えなくてはいけないからです。サイズが違うインソールを使うことは足に悪影響を与えかねません。
足に痛みも機能低下もないのに、靴のサイズが大きくなるのに合わせてインソールを作り続けることは、金銭的にも結構大変です。
ですから、靴のサイズが大きくなる、縦方向の成長が止まった後、足の骨格が完成するまでの5から8年を利用して、足の成長をサポートしようというわけです。
もちろん、作り変えは必要ですが、2年に1回くらいで良いでしょう。

まとめ

子供の外反母趾は、成長の過程でもあるので、痛みや機能低下が見られない場合には様子を見る。
痛みや機能低下が見られる場合には構造のサポートと機能の回復のための対処をする必要がある。
足の長さの成長が止まり、靴のサイズが変わらなくなったら、インソールを使って足の成長をサポートするほうが良い。

機能低下とは?(補足説明)

ここで言っている足の機能低下というのは、足の運動機能の低下のことで、足の動きが不十分な状態です。
からだの動きに合わせて、足も動きます。このときの足の動きが不十分な場合を機能低下と言っています。
どういう風にチェックするかというと、歩くことを含めて、立って活動している間に、足がどのように動いているかということを見るのです。
知識と経験が必要なので、ご自宅で確認するのは難しいです。

足と靴のご相談からインソールのオーダーまでルッチェで行っています今すぐ相談を予約する

なぜ子供に大きな靴を履かせてしまうのか?新常識こどもの靴選びに失敗する理由

世の中には沢山の、子供の靴の選び方を書いた本やブログやパンフレットがあります。
それにもかかわらず、保護者はなぜ、子供に大きめの靴を履かせてしまうのでしょうか。

世にある情報が間違っているのでしょうか?

結論から言うと、巷の情報は完全に間違っているわけではありません。

しかし、ある大切な要素が抜けているのです。
そのせいで、子供の靴のサイズの変化についての説明が不十分になってしまうのです。
分かりやすく説明しますが、少し長くなるかもしれません。ですが、きちんと理解していただきたいので、お付き合いください。そうすると、少し安心して、子供の靴の成長を見守れるようになります。

まず、子供が足に合った靴を履いていないことについて、よく言われている原因は、
1、選び方の基準が分からない
2、どんどん成長してしまう
3、足が痛いというから大きい靴を履くことになる
4、子供の求めるデザイン
5、靴のサイズ展開
などがあります。

これらの理由によって靴選びに悩んでしまうお気持ちは良く分かります。
子供靴の選び方として紹介されている基準も、情報元によって様々あって、どれを信じたらよいのか分からなくなりますね。
でも、どの説明も間違ったことは言っていません。
間違ってはいませんが、ある大切な要素が考慮されていないため、説明が不十分なものになっています。そのせいで、保護者の方は戸惑ってしまっているのだと感じます。

成長していく子供の足の、靴のサイズが合っているかどうか。これを考える上での重要な基準として、つま先の余裕がどの程度必要かというものがあります。
子供靴は5ミリでよい、とか、10ミリ以上必要だなど、このことだけでも諸説あり、知れば知るほど迷ってしまうという人も少なくないようです。
この諸説ある余裕寸法ですが、諸説のどれも間違っていません。
大切なのは、どの時期かということです。
成長に合わせた、適切な余裕寸法というものがあります。
つまり、成長に合わせて適切な余裕寸法が変わるのです。

ここでいう成長とは、年齢や足のサイズで区切れるものではありません。
では、何の成長によって変わるのか。

それは、子供の歩き方の成長です。
これこそが、他の子供靴の説明に欠けている大切な要素です。

歩き方の変化によって、必要になる余裕寸法が変わってくるのです。
これが世にある情報の中には、全く考慮されていないのです。

では、子供の歩き方の変化とはどういうことなのか、説明しましょう。
子供の歩き始めからしばらくは、浮かせた足を前に出して、足の裏全体で接地するようにペタペタ歩きます。
この時期は、余裕の寸法はあまり必要ありません。5ミリあれば十分で、3ミリから7ミリが目安です。つま先が足に当たってしまってはいけませんが、多すぎてもいけません。ただし、つま先の余裕が短い分、厚みが必要です。
少なくても良いのは、判断がちょっと難しいですね。
まだ靴を履くのに保護者の手伝いが必要な場合には、買い替えの目安として、履かせづらくなったらそろそろかな?と思って、意識して様子を見ましょう。
つま先がきついかどうかを、子供に聞いても分かりません。中敷をはずせる靴であれば、外して足を乗せてチェックしてください。子供は、つま先が靴に当たったら、指を曲げて履いてしまいますから、注意が必要です。

 

身体のバランスが安定してくると、身体の後ろに蹴り足が残るような、大人に近い歩き方をするようになります。そうなると、必要な余裕寸法は歩き方の成長に合わせてだんだん大きくなり、通常10ミリになります。最低でも5ミリです。5ミリを切ると、歩いている最中につま先が靴に触れる可能性が出てきます。

ここで、お気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、今まで5ミリが適切だった余裕寸法が、徐々にとはいえ、「最低で5ミリ、10ミリ欲しい」へと変化していきます。つまり、この歩き方が変化していく時期は、足が大きくなっているという理由に加えて、歩き方が変化していることによっても、靴を大きくしなくてはいけないのです。

この歩き方の変化は、誰にも注目されていません。子供の靴のサイズについての様々な解説を見ましたが、一切触れられていません。

足の大きさに合わせて買い換えた靴が、歩き方の変化によってすぐに指先が当たってしまうようなり、また買い替えが必要になる。
歩き方の変化するこの時期の経験が、必要以上に大きな靴を子供に履かせる原因になっているのではないでしょうか。

この時期の目安は、3歳くらいです。それまで歩いた距離や、骨格なども影響しますし、徐々に変化していくので、一概に線引きはできません。変化に合わせて徐々に必要なつま先の余裕が多くなります。

この、足の成長と歩き方の変化が重なる時期は1度です。
保護者の方には、そのことを知った上で、割り切って、こまめな靴の買い替えが必要な、仕方の無い時期だという風に考えてください。
そうすれば、この時期が過ぎたその後は、必要以上に余裕を持たせた靴選びをしなくても済むようになるのではないでしょうか。