足裏に胼胝が、ハイヒールをやめてバレエシューズを履こうと思った方の注意事項

heel

いつもハイヒールを履いているけれど、足裏の指の付け根に胼胝ができてきた。前からあったけれど、大きくなってきたという方は、その対処のために、ヒールの低い靴を履こうとします。
そうするとバレエシューズのようなヒールのペタンコの靴を履くようにする場合が多いです。
負担を減らすという意味では間違っていないかもしれませんが、ルッチェでは少し違う方法をお勧めします。
なぜなら、普段ハイヒールを履く方が急にバレエシューズを履くようになった結果、かえって足が痛くなったといってルッチェに相談に来る方が多いからです。

私のお勧めする方法は3つです。
・8センチ以上のハイヒールを履いていた方は、5、6センチのヒールの靴を履く
・普段はスニーカーを履くようにして、1日10から15分ヒールを履いて歩く
・インソールなどによる対処(横アーチの低下など、足に変形が生じている場合)

 

方法1
いつも8センチ以上のハイヒールを履いていた方は、5から6センチくらいのヒールの靴を履く

この方法が受け入れられにくい最大の理由は、8センチ以上のヒールを履く方は、5、6センチのヒールの靴に魅力を感じないということです。
そのため、「5.6センチのヒールを買うのなら、ペタンコのかわいい靴の方が欲しい」というふうに思うようです。

そこで、なぜペタンコではなく5,6センチのヒールなのかからお話しします。
人の身体の筋肉は、鍛えた角度で筋力が付きます。
8センチ以上のヒールを履いているとその高さのヒールを履いて立って歩くために必要な筋肉が使われます。
これを、急にヒールがほとんど無い靴を履くようにしてしまうと、ハイヒールを履くための筋力が弱ってしまいます。
しばらくヒールから離れてしまうと、再度ハイヒールを履いたときに足を痛めてしまうこともあります。
5,6センチのヒールでは、やはりその角度での筋力が強くなることになるのですが、歩く上では8センチのヒールで必要な筋肉を使う可能性があります。
足のトラブルの程度にもよりますが、8センチ以上のヒールを普段履きなれた方からすると、5,6センチのヒールは低いため、負担を軽減することは可能です。

方法2
普段はスニーカーにして、毎日10分から15分はヒールを履く
スニーカーはクッション性がよく、安定感のある物を選び、足への負担を極力減らしましょう。履いていて楽であれば、ヒールが高めの物でもかまいません。しかし、ハイヒールスニーカーはだめです。そして、毎日10分から15分、いつも履いていたハイヒールの靴を履いて歩いてください。
足の改善のためにしばらくハイヒールから離れる方が良いのですが、あまり時間が空いてしまうと、ハイヒールを履くための筋力が落ちてしまいます。
かといって長時間では足にストレスになってしまいます。
近所への短時間の買い物でだけ履くようにしてください。
足裏の胼胝が減ったり、痛みが軽減してきたとき、なるべくハイヒールに戻りやすくしておきましょう。

方法3
インソールなどによる対処
今までよりも胼胝がひどくなってきたり、痛みが強くなってきた場合、足に変形が生じてきたということもあり得ます。その場合に最も効果的なのはインソールです。靴を履いて立っている間、足にアプローチできるからです。他に、テーピングや、サポーターなどがありますが、面倒くさかったり、靴が履きづらくなったりします。
足が変形すると、足の働きが悪くなります。インソールによって支えながら刺激を与えることが、足の働きの改善にはとても有効です。
この場合、靴はスニーカーが最も効果を出しやすいです。
方法2+インソールという感じですね。

 

自分の足について詳しく知りたい人はこちら

オーダーメイドインソールについてもう少し詳しく知りたい人はこちら

最近なんだかランニング中に足が痛くなる。そう感じた人が確認するべきこと。

これまでと変わらずにランニングをしていたのに、なぜか急に足が痛くなったと感じると、頭の中は「なぜ?」でいっぱいになってしまいます。

治療に通うべき?インソールを試してみる?

何か行動を起こしたくなるのは分かりますが、とりあえず行動するのではなく、先ずはどんな行動を起こすべきなのか考えてみましょう。

そのために必要なのは、ここ1ヶ月の行動を振り返ることです。

何かこれまでと変えたことはありませんか?思い出してみてください。1ヶ月というと、自分では忘れてしまっていることって結構あります。

もちろん、オーバーユースなどによる障害の可能性を否定するわけではありません。ただ、どこかに相談するにしても、この作業をしておくことは、とても有効です。

ルッチェに相談にきたランナーの方々で、じっくりと話をしながら1ヶ月の間に変えたことをじっくりと思い返していくだけで、痛みの原因が分かってくることもしばしばあります。
中には、病院や整体に通っても改善しないので、インソールを作るしかないと思って来店される場合もあります。それなのに、結果的には「こんなことが原因だったなんて。。。」なんてことになるわけです。

まず、最も多いのが、「シューズを変えた」です。
中でも、前の靴と同じモデルが生産終了したので、同じシリーズの靴を購入しただけだから、別に問題ないと思ってしまっていることが多いです。
これ、大きな間違いです。同じシリーズでもぜんぜん違う靴ということは結構多くて、メーカーの店員さんから、「その型番の新しいモデルはこちらです」と言われて買った。という方って結構多いです。
心当たりのある方は、捨てていなかったら前の靴を履いてランニングをしてみるか、とにかく別の靴を履いてランニングをしてみてください。
それで改善したら、新しく買ったシューズが合っていないということです。

2番目に多いのは、「仕事で履く靴が変わった」です。
環境が変わって、パンプスを履く機会が増えた、スニーカーから革靴になった、安全靴を履く機会が出来た、長靴を履く機会が出来たなど、仕事の靴ではそれほど長距離を歩いたり、長時間立ったりしないので、そのときは痛みが出ないけれど、その影響でランニングの際に痛みが出ていることがあります。
その場合は、仕事の靴環境を改善する必要がありますので、仕事でその靴を履くことが避けられないのであれば、インソールなどを使用して負担の軽減をする必要があります。
また、1番目と2番目の混合で、仕事の靴を新しく変えたということもありえます。その場合も、先ずは昼間の仕事の靴を以前のものや、ほかのものに変えてみると良いでしょう。それによって改善されるのであれば、新しく買った仕事で履いている靴が合っていないということです。

もしも、新しい靴が合っていなかった場合、その靴の何が悪かったのかが分からなければ、次もまた同じ失敗をしてしまうかもしれません。
合わなかった理由については、ルッチェで相談を受けております。完全予約制で有料ではありますが、同じ失敗を続けて無駄な靴を買うよりも良いのではないでしょうか。

ほかにも、生活習慣のちょっとした変化が影響していることは良くあります。
プライベートなことで、ためしに以前の習慣に戻してみることが出来るのであれば、一つずつチェックしてみましょう。意外なことが原因だったりしますよ。