靴のつま先に傷ができたら専門店に相談の前にやってみよう。靴磨きのセットはお持ちですか?簡単なお手入れをご紹介。

持ってきた状態

つま先を傷つけやすくて、いつも白っぽくなっちゃうんですが、きれいになりますか?
踵の修理やつま先の軽い底剥がれの修理にお持ちになった方が、思いつめたように相談されます。踵を修理しても、つま先が傷のままだったら嫌ですからね。

擦れ傷なら靴墨とブラシで
そんな時、ルッチェでは、靴磨きのクリームとブラシ持ってますか?って聞きます。
何故かというと、たいていの場合、それできれいに傷を隠せちゃうからです。
もちろん、深い傷や、特殊な色の場合など、ちょっと自分で簡単にというわけにはいかないこともありますが、黒や茶であれば、結構目立たなくなるものです。

ブラシにワックスを付けて、30秒ほどこすっただけ
ブラシにワックスを付けて、30秒ほどこすっただけ

とても簡単にきれいになります。
少なくとも、踵の修理のタイミングまで待って、傷があるまま専門店に持っていくまでの間履き続けているよりも、自分でちょっとやってしまった方が早いと思います。

靴磨きセットを活用しよう
靴磨きのセットは、あるけど使っていないという方がとても多いことに驚きます。
いまいちどう使っていいのか分からないのだそうです。
画像にあるような大きなブラシの先の方に、ちょんちょんとワックスを付けて、キズを含む広い範囲に大きくブラシを動かしながら靴を擦ります。
ブラシが新しい場合は、ワックスをブラシでこするようにして、ブラシの方にワックスを付けてください。
何度かブラシがけをするうちに、ブラシの方にまんべんなくワックスがついてきますから、そうなったら、先の方にちょんちょんとつけるだけで大丈夫です。

簡単な靴磨きを知りましょう
靴磨きというと、布で磨くイメージや、つま先と踵を光らせなきゃいけないとか、思うかもしれませんが、ブラシだけで十分にきれいになります。
仕舞い込まずに、どんどん使ってほしいと思いますし、持っていなかったら、黒と茶の、平べったい缶のワックスタイプとブラシ2つだけでも持っておくととても便利ですよ。
靴もキレイでいられますし、防水スプレーよりも断然防水効果があります。

簡単靴手入れにオススメのクリームは
ちなみに、液体の塗るだけのタイプや、瓶に入った柔らかいタイプのクリームもありますが、画像のような擦りキズの積み重ねでは、平べったい缶に入ったワックスタイプが、手軽に使うならオススメです。